プロフィール
Atsuko
Atsuko
2003年片づけや清掃を中心とした女性の便利屋を開業しました。
200件以上の実績があります。
2011年高齢者支援のNPO法人福岡ふれんずの立ち上げに携わり高齢者スタッフとともに片づけの仕事を行いました。
2011年夏 断捨離と出会い私の中の片づけと一本の線でつながりました。片づけのプロとしてそれぞれの方が暮らしやすい部屋を完成させます。
単なる片づけではなくモノの片づけを通してこころの整理のお手伝いいたします。

にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ
にほんブログ村
QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
忙しくて片づける時間がないあなたの部屋を短時間で一気に片づけます。
 二度と片づけに追われないお部屋をつくります。
片づけに関する悩みをお持ちの方は大変多いと思います。

片づけくらい自分でやらなくては、自分でやるのが当たり前と思っていませんか?

片づけもできないなんて私ってダメな人間だって思っていませんか?

そんなことはありません。

今のあなたにとって暮らしやすい環境ではないからです。

その環境を整えることにより、あなたにふさわしい部屋にすることができます。

あなたは決してダメな人間ではありません。

視点を変えた、凜styleの片づけを学びませんか?

1、片づけたいけど時間がない
2、片づけても、いつのまにか散らかってしまう。
3、私は片づけているのに、家族が散らかす。
4、どこから手をつけてよいのかわからない。
5、収納場所が狭い。
6、もったいなくてモノが捨てられない。


こんな悩みが解決します。
>>>凜styleオフィシャルホームページはこちら!<<<

2012年10月10日

倉庫の片づけ

倉庫の片づけの依頼があり行ってきました。

外に二つの倉庫。

いつか使うかもしれないとため込んだものばかり。

灯油のポリ缶 10個以上あります。

3個残してあとは処分。

ファンヒーターとストーブ。

7個ありました。

2つ残してあとは処分。

扇風機、ビデオデッキ、こたつ、自転車、食器乾燥機

加湿器、IHに使えない鍋、炊飯器、ポット

すべてのものが、新しいものを購入したけど

いつか使うかもしれないと、とりあえず置いたもの。


使う日は来ませんでした。

ひとつ増えたらひとつ捨てる。これは基本。



倉庫に残ったものは、結局ポリ缶3つ、ヒーター2つ

ほうきだけです。

ひとつ倉庫は空になりました。


倉庫自体をなくしませんか?と提案

子供さんは独立され、ご夫婦二人暮らし。

2階には、子供さんがおいていった大量の洋服

何年も放置されたまま。

奥様は2階を見る度に、ため息。

「いらないと思うけど勝手に捨てるわけにはいかないから」

片づけたいからと、直接本人にどうするか尋ねて見られたら?

案外あっさりと、「いらない まかせるわ」と

返事が返ってきますよ。


「娘と話して2階も片づけます」と決心されました。


こちらの倉庫にあった印象的なもの

ポケットティッシュが何百個も入った段ボール

いつか使うかもの最たるもの。

もちろん使われることはなく、ホコリをかぶっていました。

「こんなものが入っていたなんて」

と笑っておられました。


私が家を出た時、母は残っていたものを、ダンボールにつめて

いきなり送ってきた。

そこまでしなくてもとその時一瞬思ったが

当然のことでした。

自分のものは自分で始末をつけなくては・・・












同じカテゴリー(暮らし方)の記事画像
計量スプーンでカレーを食べる
内緒のゴミ処分
産休中をどう過ごすか?
行正り香さんの料理本
2階の片づけ
同じカテゴリー(暮らし方)の記事
 計量スプーンでカレーを食べる その2 (2013-09-26 13:32)
 計量スプーンでカレーを食べる (2013-09-25 13:13)
 内緒のゴミ処分 (2013-01-21 18:05)
 緊急身辺整理その2 (2013-01-10 09:07)
 緊急身辺整理 (2013-01-09 16:30)
 2万円であなたのお部屋を片づけます その2 (2012-12-23 10:47)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。