プロフィール
Atsuko
Atsuko
2003年片づけや清掃を中心とした女性の便利屋を開業しました。
200件以上の実績があります。
2011年高齢者支援のNPO法人福岡ふれんずの立ち上げに携わり高齢者スタッフとともに片づけの仕事を行いました。
2011年夏 断捨離と出会い私の中の片づけと一本の線でつながりました。片づけのプロとしてそれぞれの方が暮らしやすい部屋を完成させます。
単なる片づけではなくモノの片づけを通してこころの整理のお手伝いいたします。

にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ
にほんブログ村
QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
忙しくて片づける時間がないあなたの部屋を短時間で一気に片づけます。
 二度と片づけに追われないお部屋をつくります。
片づけに関する悩みをお持ちの方は大変多いと思います。

片づけくらい自分でやらなくては、自分でやるのが当たり前と思っていませんか?

片づけもできないなんて私ってダメな人間だって思っていませんか?

そんなことはありません。

今のあなたにとって暮らしやすい環境ではないからです。

その環境を整えることにより、あなたにふさわしい部屋にすることができます。

あなたは決してダメな人間ではありません。

視点を変えた、凜styleの片づけを学びませんか?

1、片づけたいけど時間がない
2、片づけても、いつのまにか散らかってしまう。
3、私は片づけているのに、家族が散らかす。
4、どこから手をつけてよいのかわからない。
5、収納場所が狭い。
6、もったいなくてモノが捨てられない。


こんな悩みが解決します。
>>>凜styleオフィシャルホームページはこちら!<<<

2016年12月22日

収納が少ない賃貸に壁に穴を開けずに棚を作る

収納スペースが少ない賃貸。
置く場所がないけど、壁に棚があればいいのにと思ったことは
ありませんか?

20代で1歳半のお子様がおられるご家庭の片づけを行いました。
いただき物の果物やお米などを収納するスペースがなく、
床に置くしかないのが悩み。

メインの収納スペースも扉は大きく見かけはよいのですが、
奥行きが狭く使い勝手が悪い。
どうにかならないでしょうかというご相談でした。

お子様のものも、クローゼットの衣類もきちんと収納してあり
片づけが苦手な方ではありませんでした。

台所は給湯器のリモコンや、スイッチ、コンセントなどの関係で
背の高い食器棚などは置くことができない。
お子様が小さいので手の届く範囲にモノをおくのは危ない。
そこでご提案したのが、壁に穴をあけなくて設置できる棚です。



片側を冷蔵庫の上にのせているので、安定感もあります。



天井と床の突っ張り方式です。
柱は壁と同じ白で塗装してあります。
それでも柱がスイッチの邪魔になったので当社の名工?が
柱を細工してます(笑)
賃貸住宅は使い勝手より見栄え重視だとよく思います。
空っぽの部屋を見に行ったときには何も気にならないけど
いざ住んでみたら・・・ってことありますよね。

お菓子や乾物などをカゴに入れておくようにしました。
見栄えもいいし、軽いので上げ下ろしも苦になりません。
代わりに床に置いてあったモノを収納できるようになりました。

賃貸に棚は無理だと思っていたのでとてもうれしいと喜んでくださいました。

ご家庭の状況に合わせていろんなアドバイスを行っております。
どうぞご相談ください。

福岡の片づけと暮らしサポート
凜style
長崎温子
TEL 092-943-4183


  

Posted by Atsuko at 20:00Comments(0)かたづけ方

2016年12月17日

片づけが下手だと思い込む?

自信がなくて片づけられない。
どう片づけていいのかわからないという50代女性のお客様でした。

ご主人がとても立場の強いご家庭。
いつも散らかっていると叱咤されている。

あれはどこにあるのかと聞かれて、ないと叱られるからと、何も捨てられない。
捨てないためモノがたまるから、片づけろと叱られる。
それを繰り返した30年。
30年以上かけて私は片づけが下手だと刷り込まれているのです。
ご本人はそれに気づいていない。
下手だと思い込んでいるだけだと思います。
食器の収納とても上手でしたよ。
量が多すぎるのは別問題ですが・・・

子供が小さい頃は子供に手がかかるからと言訳できた。
でも子供は大きくなり、言い訳はできない。
単身赴任の夫が帰ってくると機嫌が気になってばかり。

主人に怒られないようにしたいというのが片づけの本音のようでした。

リビングとキッチンの片づけを行いました。
リビングは片づけの難関です。
家族のそれぞれの持ち物がすべて置いてある。
家族の部屋にいちいちそれを運んで片づける?
それは誰でも嫌ですよね。

こちらのお宅は書類が山積みでした。
奥様が管理できるものと、ご主人が目を通すものを分けました。
書類の仕分けを続けていけば、怒られることもなく維持できます。

1歩越えると、片づけるのが楽しくなる。
ご主人に怒られないためでなく、私のための片づけにしてほしい。
私が楽しく暮らせる我が家。
そのための片づけを目標にしてほしいと思います。

集金にお伺いした時に、玄関の外の床コンクリを高圧洗浄機で洗浄したんですと
見せてくださいました。
自信とやる気の表れです。
今まで蓋をして見ないようにしていたけど、キレイになっていくことが
楽しいと思えるようになったんだと思います。

ご主人帰ってきて何かおっしゃいましたかと尋ねると、
「何も言いませんでしたが、文句は言われなかったのでよかったんだと
思います」とのことでした。

どうやって片づけたらいいのかわかりました。
これから自分で頑張りますとおっしゃりました。
これから先が楽しみです。

福岡の片づけと暮らしサポート
凜style
長崎 温子
TEL 092-943-4183
  

Posted by Atsuko at 18:23Comments(0)かたづけ方

2016年12月15日

女性スタッフがお伺いしています

女性スタッフでお伺いできるのが、当社の強みです。
男の人が入るのは嫌だからという理由で当社を選んでくださる
お客様がたくさんおられます。
家具の移動や、大型ごみなどの運搬には男性スタッフが同行しますが
衣類の片づけなどに男性スタッフが入るのを嫌がられる方は多いです。
当社は男性スタッフが、同行する場合は必ずお客様に理由を申し上げ
ご了解の元に、お伺いしております。
どうぞ安心してご依頼ください。

福岡の片づけと暮らしサポート
凜style
長崎温子
TEL 092-943-4183



  

Posted by Atsuko at 20:00Comments(0)凛style

2016年12月14日

今年中に片づけたい方へ

2016年12月も半分過ぎました。
あっという間にお正月がやってきますね。
年末は毎年片づけたい方でスケジュールがいっぱいになります。

まだ今年大丈夫でしょうかとお問い合わせをいただいております。
大丈夫です。空いてます。
今空いているのは、12月26日、27日、28日、29日です。
今年中に片づけたいけどあきらめている貴方
どうぞご連絡ください。
お待ちしています。

福岡県内お伺いしています。
県外の方もご相談ください。

福岡の片づけと暮らしサポート
凜style
代表 長崎温子
TEL092-943-4183


  

Posted by Atsuko at 19:20Comments(0)凛style

2016年05月12日

5年生の片づけ

福岡市東区で小学5年生の男の子の部屋の片づけをしました。
8畳間でしたがご相談に伺った時には歩く場所もないくらいおもちゃが部屋を占領していました。

レゴや日曜日の朝の変身モノのロボットやフィギュア、カード、トーマスやアンパンマン。
ハンバーガーやペットボトルのおまけにいたるまで。
ありとあらゆるおもちゃがありました。

作業日を2回にわけて、本人には片づけの日までの宿題をだしました。
1回目は分別作業。
紙袋や段ボールにバラバラに入っているおもちゃを種類別に分ける作業です。
要らないものはここで処分します。
何がどのくらいあるのかやよく遊ぶものなどを把握していきます。

2回目はそれを中分類、小分類にわけて使いやすく収納する作業。
あまり遊ばないものは押入れに入れて、大事なおもちゃは本人の希望で飾りました。
とてもステキな部屋になりましたよ。

レゴカッコいい














こちらのお宅は、お母さんはまったくノータッチでした。
息子さん本人と片付けを行いました。
私が片づけに行っても、通常はお母さんが捨てなさいを連発して
親子ケンカになるお宅が多いんです。
任せた以上は手も口も出さないという姿勢は立派です。


1回目に片づけた状態をみて、お母さんが私にもやっと片づけ後のイメージができました。
こういう風にやっていくのですねってとても喜んでおられました。
2回目の片づけまでに、私も自分たちのモノを減らして、押入れの左半分に動かします。
右半分を息子のスペースにしますと提案してくださいました。
おかげで2回目に子供のスペース、親のスペースがきちんとわけられた、使いやすい
押入れが完成しました。

この男の子に感心したことが一つあります。
バラバラになったおもちゃの部品が何か全部わかるんです。
細かい数ミリの部品でも、このロボットのパーツですと答えます。
これだけたくさんのおもちゃがあるのに、全部わかってるというのは
感心しました。

子供部屋の片づけに関してはよく相談を受けます。
共通して言えることは親が手を出しすぎないということです。


福岡の片づけと暮らしサポート
凜style
長崎温子
TEL 092-943-4183